かびごん

記事一覧(48)

乗り物に乗れない。

自転車は乗れます。一輪車は乗れません。自動車は乗れます。助手席か後部座席に。運転は・・・できると言っておかないと免許をはく奪されかねないのでできるということにします。船は酔うのであまり乗りたくありません。しかし今回乗れなかったのは乗り物は乗り物でも、遊園地のアトラクション。「怖いから」だったらかわいい?んですけど、違います。「酔うから」です。記憶がある中で初めて遊園地で酔ったのは、大学生の頃行った富士急ハイランド。一緒に行った囲碁が強いバカがコーヒーカップをまわすことまわすこと。吐かなかったのが奇跡でした。大学を卒業してだいぶ経ち、しばらく前にお台場ジョイポリスに行った時。まわるのはダメ、と分かっていつつ、まあ一つくらいなら・・とまわるのに乗ったのが運の尽き。気持ち悪くなるだけでなく、過呼吸発作まで起きてゲロゲーロ。ああ、いつの間にか乗り物乗れなくなってきているんだな。とここで認識しました。でもまだ回る系だけ、と思っていたんです。この間の日曜日によみうりランドに行きました。まずは定番、ジェットコースターに乗りました。普通のジェットコースターなら・・・もう皆さんお分かりですね。そう、さほど回らないものでも酔ってしまったのです(>_<)気分が悪くなると首や肩が痛くなるのが私の特徴で、結局昨日までイマイチな体調で過ごす羽目になりました。もう何も乗れません。目指すは、「ほら、お母さんここで待ってるからお父さんと乗ってきなさい」ポジションです。しかし私がなれる可能性があるのはお父さんのみ。え、お父さんどころか奥さんをもらう可能性も限りなくゼロ?「そだねー」と、乗るわけにはいかない心境の三十路でした。

蕎麦。

こだわりの食べ物シリーズ、今回は蕎麦です。江戸の三大そば、というのをご存じでしょうか?「藪そば」「砂場そば」「更科そば」です。まあそれぞれの良さがあるのですが、私が好きなのは「更科そば」です。と、偉そうに話していますが、じつは江戸(東京)で食べたわけではありません(笑)。出会ったのは、薩摩でした。そう、今話題の西郷どんの舞台です。私、佐賀出身と言っていますが、産まれたのは鹿児島です。幼少期のわずかな時間しか過ごしていないので、そこまで鹿児島に詳しくない。ということで主に少年時代を過ごした佐賀の出身ということにしています。話がそれましたが、そんな鹿児島で「更科そば」に出会いました。鹿児島は水が良いです。そばはゆでる水が実は大事。味を大きく左右します。東京の水はどうしてもそばにはイマイチで、味が落ちます。出会った場所が良かったのです。「更科そば」とは、簡単に言うとそばの実の中心部の白い部分だけを用いた白いそばです。外側の部分を使わないことで、雑味の少ない甘いそばになります。ただ外側の部分の方が香りが強いため、蕎麦の香りは通常より少なくなります。はっきり言って、「香りなんかどうでもいい」と思えるおいしさです。店が良かっただけなのかもしれませんが、それ以上の蕎麦に未だ出会っていません。今でも機会を見つけては食べにいきます。ざる5枚くらい食べます笑そんな私ですが、未だ東京の更科の有名店、布屋太兵衛や更科堀井には行ったことがありません。がっかりしたくないから。行きたい気持ちもあるんですけどねぇ。どうしようかな。ちなみに日本の三大そば、「戸隠そば」「わんこそば」「出雲そば」はまだ戸隠そばしか食べていません。若いうちに「わんこそば」は食べてみたいところです。まあ、それよりまずは年越しそばですかね。

からあげ。

いまや日本人の国民食と言っていいからあげ。私もご多分に漏れず好きな食べ物の一つです。ただこだわりに関してはそこまで大きくはありません。私が大事にしているのは2つ。1.にんにくが入っていない2.ギットギトじゃないそしてできれば、3.塩味これが私のからあげポイントです。簡単ですね。大きさや形にそれほどこだわりがないのがポテトやかつ丼への愛と比べるとちょっとね・・にんにくはあまり好きではないです。食べている間はいいのですが、後に残るあの感じが嫌。なんでもかんでもにんにくを入れたがるあの風潮をなんとかしてほしい!!!!ギットギトは論外です。たまにぶち当たったら本当にがっかりして、口直しにスイーツを探します。カロリーが大変なことになってしまいます。。塩味好きなのはポテトの回で皆さんご存知のことでしょう。ちなみにポップコーンも塩一択です。天ぷらは天つゆ派なんですけどね。そんな普通のからあげファンの私ですが、好きだったからあげの一つに異変が起きました。事件があったのは某大手の冷凍食品、やわらか若鶏唐揚げです。私のからあげランキングの中でかなりの上位だったのですが、リニューアルという名のもとに、「じゅわん鶏もも」と「ふっくら鶏むね」の二種類になりました。とりあえず食べてみましたが、リニューアル=コストカットだろうなぁ。。。という読みは当たってしまいました。いつの間にか国内工場ではなくタイ産になっているし、明らかに肉質も落ちた印象。好きなものが無くなっていくのは残念です。そんな私の東京からあげの一押しは、浅草「縁」の丸からあげ。ところどころに店舗はあるみたいなので、お近くにある方はぜひお試しを。

嫌いなもの。

好きなものの話はたくさんしていますが、そういえば嫌いなものの話をしていなかった。まああまり嫌いなものの事を書いても自分が盛り上がらないのでね。食べ物は納豆。というか豆系は全般的に好きじゃないですね。豆腐と豆乳とおからは好きですけど。というわけで小豆あんでつぶあんの和菓子とかもらうとですね、フライドポテトをもらった時の20%くらいしか喜びません(>_<)でも最近ちょっとは食べられるようになりました。熱いお茶とセットなら大丈夫。食べ物以外だとタバコです。私は吸ったことがないですが、父が吸っているので昔は匂いもさほど気になりませんでした。でも一人暮らしになってからだんだん気になるようになってきました。これは逆にどんどん嫌いになっていったパターンですね。囲碁だとヨセです。緻密にこっちが10目でこっちが8目で・・みたいなことは、正直ろくに考えた試しがありません。直感でこっちの方が大きそう、で打ってます。これは嫌いというより面倒くさがりですね。学生の大会に出ていたころ、なぜか半目勝ちが多くて、周りからヨセが強いと思われてた時期がありました。今だから正直に言いますが、ヨセられてたくさん勝ってる碁を半目まで詰められていただけ。あ、でもさすがにお客さんよりはヨセ上手ですよ、多分。きっと。そうに違いない。

突撃、できない!ミュージアム。

昨日のこと。午前の用事を済ませた場所はあまり来ない場所。あまりランチできるお店がない場所では安定の蕎麦屋でざるとかつ丼を食べて、さて、どうするか。すぐ帰っても良かったけれど、それほど仕事が立て込んでいなかったので、散歩に気が向く。何か近所にないかなと案内地図を眺めると、「藤子・F・不二雄ミュージアム」の文字が。・・・思ったより近いし、行ってみるか。と足を運ぶ。建物の入り口まで行くとオシャレな制服を着た森口瑤子似のお姉さんと遭遇。「12:00~の回の方ですか?」「いや、通りすがりで来たんですが・・・」「すみません、こちらはチケットが完全予約制となっておりまして」「あー、そうですかー」出たな、散歩の大敵、完全予約制これが嫌なんでうちの教室は予約不要です(笑)囲碁の教室とか指導碁の中にもあるんですよ、完全予約制のところ。まあ誰もお客が来ないのにポツンと待っているのもね、という感じで。おかげさまで教室を始めてからまだポツンとなったことは無いですが、まあそうなったらそうなったで仕方がない、でーんとしていよう。というのが私のスタイルです。しかしそのミュージアム、飛び入りでも14:00~なら空きがあるらしかったので(まあ平日だし)、粘るべきだったかなぁ・・・